COMPANY

私たちは、品質・スピード・
技術力を追求する、
金属加工のプロフェッショナルです。

古くは人力車用バネの製造など、我々は明治24年の創業以来、
金属加工メーカーとして社会に貢献してきました。
街で見かけるトラックや鉄道レール、今あなたが乗っているエレベーターなど
様々な場所に弊社の製品は存在しています。
積み重ねてきた技術力とノウハウで、今後も品質・スピード・技術力を追求していきます。

経営理念

株式会社鶴岡スプリング製作所は責任と協調を基に、限りない向上心を持ち、品質及び生産性の向上に心がけ、顧客満足度を高めるとともにお客様の発展と社員の繁栄、社会への貢献を行う。

品質方針

当社の経営理念を全員参加のもとに実施、達成することにより、お客様の要求要求される品質を継続的に向上維持し、競争力のある価格で提供し信頼を得る。関連する法令・規則を遵守する。

会社概要

名称 株式会社鶴岡スプリング製作所
代表取締役 鶴岡国雄
本社所在地 〒144-0045 東京都大田区南六郷3丁目21番1号 Googlemap
TEL 03-3734-2701 FAX 03-3734-2702
千葉工場所在地 〒289-0341 千葉県香取市虫幡1808−1 Googlemap
TEL FAX 0478-82-5361
資本金 2,000万円
創業 1891年(明治24年)
事業内容 自動車用各種部品・鉄道レール締結用ばね・産業用機械部品・製罐板金製品
主要取引先 岡三リビック株式会社/小田急電鉄株式会社/
株式会社スミハツ/株式会社ホリキリ/
京成建設株式会社/京浜急行電鉄株式会社/
相模鉄道株式会社/新京成電鉄株式会社/
西武鉄道株式会社/仙建工業株式会社/
東鉄工業株式会社 他 (五十音順・敬称略)
取引銀行 三井住友銀行/六郷支店/東日本銀行/蒲田支店/
りそな銀行 蒲田支店
関連会社 伏見産業株式会社(製罐板金製品販売)

沿革

明治24年(1891) 東京芝源助町(現港区東新橋)に人力車・馬車用ばねの製造開始
明治43年(1910) 東京芝愛宕町(現港区西新橋)に工場新築移転
大正13年(1924) 鉄道省(現国土交通省)へ自動車用スプリング納入
昭和3年(1928) 国産振興東京博覧会にて優良国産賞を授与
昭和9年(1934) 東京都大田区に工場新築移転
昭和13年(1938) 合名会社を設立し本社を東京都大田区に移転
昭和13年(1938) 商工省(現経済産業省)より優良認定工場となる
昭和34年(1959) 陸上自衛隊指定銘柄となる
昭和42年(1967) 株式会社ホリキリの協力工場に指定される
昭和46年(1971) レール締結用ばねの生産開始
昭和54年(1979) 連続式熱処理電気炉を導入しレール締結用ばねの一貫生産となる
昭和55年(1980) 資本金を2,000万円に増資
平成1年(1989) 本社及び倉庫、塗装、機械の各工場を新築
平成13年(2001) 千葉県香取市に一部工場新築移転
平成19年(2007) 千葉県香取市小見川工業団地に工場取得移転
平成21年(2009) ISO9001 を認証取得
平成26年(2014) 合名会社から株式会社へ組織変更
平成29年(2017) 千葉工場内に塗装及び機械工場を建設し千葉工場に完全移転
平成31年(2019) レーザ 加工機の更新に伴いレーザ ・ベンダ 加工専用工場を建設